血管は何故赤いのではなく青いのか

血液が流れる通路として私達の身体中に張り巡らされている非常に重要な部位である血管。
しかしこれについて専門の人が掲げる事になる疑問というのが血液は赤いから血管も赤くなる筈なのに何故色が赤ではなく青になっているのかという物です。
そこで今回はこの不思議な疑問に思う謎についての解説を行っていきたいと思いますが、まずこの事を説明する前に覚えておかなければならないのは青く見える部位というのは静脈の事を指しています。
これは腕等で青く見えている静脈の色は実際は灰色なのに周りの肌の色と比較すると青い為に相対的に青く見えるという内容の現象となっており、専門用語においてblue pipeという別名が付けられる程に有名な現象となっているのです。
しかしこの静脈という部位という物は皮膚に限りなく近い部分に張り巡らされている為に、本来であれば血の様に赤くなければならないと考えるのが普通でしょう。
ですが、静脈を流れる血流の色というのは実は限りなく黒に近い赤となっているのです。
これは動脈を流れる真っ赤な血流と違って静脈を流れる血流には酸素が余り含まれていない事が原因となっていて、事実この2つの動脈から摂取された血液の色は全く異なる物となっています。
そしてこの黒っぽい血流が何故青く見えるのかというと、その原因は光と体内の結合組織にあるのです。
これは光の三原色の青と緑の光が皮膚に入ると引き起こされる結合組織内での乱反射によって真っ黒な静脈の血流が青く照らされるからで、この現象こそが青い血管の正体となります。
血管年齢についても気になるところです。


Posted in 健康 and tagged by with no comments yet.